口臭サプリの比較は他人まかせNG!←比較方法公開中♪

口臭サプリ比較サイトを見てみてもすぐにランキングサイトばかり…
ここでは「自分にあった口臭サプリ」を見つけるための比較方法をお知らせしています。

口臭サプリ比較

口臭って一度気になりだすと「早く治したい!」が先行してしまって、コンビニやドラッグストアですぐ手に入るものを試しがちです。 ただ、「そ...

口臭に悩み始めた、または今までいろいろな口臭対策をしてきたけどイマイチという方にはネット限定の口臭サプリをおすすめします。

ただ、しっかり研究開発された口臭サプリでもネット上で取り扱われている種類の多さにびっくりしてしまうかもしれません。

ここでは項目別に分けて比較して自分に合った口臭サプリを見つけるための手段をお知らせしています。

口臭サプリの比較方法①
「価格」

はじめて口臭サプリを試してみたい人も、いろんな口臭サプリを試したけどイマイチで、新しい商品を試してみたい、という人も、最初はやっぱり価格面での比較が一番重要でしょう。

ドラッグストアやコンビニで手に入る口臭サプリというのは大体が「ニオイのきつい料理を食べた後に利用する」ためのものがほとんどです。

ネット限定販売の口臭サプリであれば、しっかりと口臭対策するために研究開発されているので、安心ではあるんですが、やはり価格面で「ちょっと高いかも」と思われる価格設定になっています。

口臭サプリの「申込プラン」で比較する。

まずネット販売している口臭サプリの販売方法は大きく分けて以下の2つの方法が主流です。

1. 定期購入の初回分が安い。

2. お試しの初回購入限定割引。

「定期購入」の例としては以下のような価格設定になることが多いです。

例1:
■口臭サプリ通常価格
4,000円

■口臭サプリ定期購入
初回分
1,000円

次回以降も割引:3,000円程度

この他以下の特典がついてきます。

※消費税込
※送料無料
※回数に応じた無料特典プレゼント
※メールマガジン、会報などのお届け

これがよくある口臭サプリの「定期購入」の場合の価格設定です。

「単品購入」については定期購入の価格設定と同様に「初回購入分限定」で割り引かれるというものです。

定期購入と単品購入のお試しであれば「単品購入で安くなる方」を選びがちですが、申込プランだけで口臭サプリを比較するのではなく、成分や使用方法でも比較することが重要です。

口臭サプリの比較方法②
「成分」

口臭サプリは現在多くの種類が販売されていますが、注目度、人気度、売上数が高く「コスパの良い口臭サプリ」となると同じ成分が含まれているものが選ばれています。

比較材料のメイン成分
「シャンピニオンエキス」

口臭サプリの多くには「シャンピニオンエキス」が含まれているものが多いです。

このシャンピニオンエキスというのは体の中のニオイ成分をおさえる役割があるので、例えばある報告によると、シャンピニオンが配合されている口臭サプリを利用した翌日に「便臭」が軽減されていておどろいた。というくらいニオイには有用な成分です。

口臭サプリを成分で比較する時にこのシャンピニオンエキスが含まれているかどうかをチェックするのもおすすめです。

比較材料の新成分
「乳酸菌」

近年の口臭サプリは「口腔内の環境を整える」だけのものから、「体の中からニオイを軽減する」ことを目的に開発される商品が多くなりました。

その一つの成分というのは「乳酸菌」です。

乳酸菌は乳製品などに多く含まれているため、口臭などに直接むすびつかないかもしれません。

また口臭の原因の多くは口腔内の環境によるものなので、なおさら乳酸菌は関係ないようにも思います。

ただ、実際には口腔内が正常でも口臭が発生する場合があるんです。

乳酸菌が入っているかどうかは新しい「比較材料」

例えば口の中の環境バランスは整っているのに、口臭を感じる場合には体の内部にニオイの原因がある可能性があります。

腸内など体の中に住みつく悪玉菌がニオイを発生させると、血中に取り込まれ、そのまま肺付近に到達すると「呼気」として口臭になる場合があるんです。

そのため、「乳酸菌」が悪玉菌を減らし、善玉菌を育成してくれると腸内環境が整い、結果的に「口臭対策につながる」というワケなんですね。

口臭サプリの比較方法③
「使用方法」

口臭サプリは比較の前のイメージとして
「水かぬるま湯で服用する」というのがありますよね。

現在口臭サプリの中には「口の中で舐めて溶かすチュアブルタイプ」も増えてきました。

ただ水で服用するタイプ、舐めて溶かすタイプどちらもメリットデメリットがあります。

比較材料:水で服用するタイプのメリットデメリット

■メリット

・薬のように服用することで、精神面からも作用しそう。

・決まった時間に服用するので、口臭対策に必要な「習慣化」ができそう。

・直接体の中に入っていくので、体の内部からのニオイ対策に良さそう。

■デメリット

・外出先で水がないと飲めないので不便。

・今気になっている口臭にすぐ作用しなさそう。

比較材料:舐めて溶かすタイプのメリットデメリット

■メリット

・外出先でも気になったその時に使用できる。

・今困ってる口臭にダイレクトに作用しそう。

・すっきりした味のタイプが多いので、リフレッシュ効果がありそう。

■デメリット

・お菓子感覚なので口臭対策になるのか不安。

・口で溶けるの体の内部のニオイに対してどうなのか疑問。

口臭サプリの比較材料として「使い方」というのも重要で、先述のメリットデメリットを確認して「自分ならこっちが良いかもしれない」というイメージを持ってみてください。

そこに価格面や成分面を合わせていくと、自分なりの口臭サプリの比較というのができるようになります。

まとめ:口臭サプリの比較は自分で!もしくは当サイトの比較を参考に♪

ここまで、口臭サプリの比較方法について説明させていただきました。

比較方法がわかると、自分でもいろいろな口臭サプリを探してみたいと思えたら大丈夫ですね。
当サイトでは既に筆者が最新データを元に比較した「口臭サプリランキング」をご紹介しています。

ご自身で比較される人も、比較が面倒という方も参考までにチェックしてみてください。

口臭って一度気になりだすと「早く治したい!」が先行してしまって、コンビニやドラッグストアですぐ手に入るものを試しがちです。 ただ、「そ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする