【舌苔除去】BITAN:ビタン+タンシャイン(舌用ブラシ)が良い!

BITAN(ビタン)

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

舌の表面についている汚れ「舌苔(ぜったい)」
舌苔の取り方をネット上で調べてみると様々なNGな方法や民間療法的な科学的根拠がはっきりしていないもの、などが多く見かけられます。

現在、日本では舌磨きジェル「BITAN(ビタン)」のリリースに伴って徐々に舌苔除去の方法論が変わり始めています。

ここでは今までの舌苔の取り方の見直しとBITAN(ビタン)を有効活用するための方法についてお知らせしていきます。

×!NGな舌苔の取り方「歯ブラシ」

歯ブラシだと舌に傷をつけてしまう

おそらく現在も進行中の方が多いと見られる「歯磨き」のついでに歯ブラシで行う舌苔の取り方。

歯ブラシは固い「歯」を磨くためのものです。
また「歯磨き粉」には研磨剤などが含まれている場合があるので、総合的にしっかりと舌を傷つけてしまう可能性が高まります。

※一番ポピュラーで一番NGな舌苔の取り方が「歯ブラシ」での舌ブラッシングです。

また物理的に舌苔を除去したい欲求が強いと一回の舌ブラッシングで根こそぎ舌苔を取ろうとしてしまいます。

舌の表面には無数の毛のような組織があります。
強くブラッシングすることで傷をつけるだけではなく、舌苔の汚れ自体を組織の中に入り込ませてしまいます。

※歯ブラシは舌苔を舌の組織に入り込ませてしまう。

除去する方法として歯ブラシ以外に問題になるのが、「舌専用ブラシ」を使用してはいるが、より落とすために「歯磨き粉」を使用してしまっているパターン。

歯磨きの“ついで”に行っていると、歯磨きの終わりごろに舌を磨くので、歯ブラシの汚れが良くないんじゃないか、歯磨き粉の泡が薄くなっているので舌苔が取れないんじゃないか、と予想して、舌専用ブラシに歯磨き粉をつけてしまう行為。これもNGです。

歯を磨くためのペーストは「研磨剤」と呼ばれる小さい粒が固い歯の表面についた汚れを「こそぎ落す」形で落としていきます。
この粒を固い歯ブラシで舌に押し付けてしまうと傷をつける、もしくは舌の機能を徐々に弱めてしまう原因になります。


△:あまり意味のない舌苔除去法

既に「歯ブラシで舌苔除去してはいけない」ということをご存知の方で、実はあまり舌苔除去の方法としては意味のないものをご紹介。

実際鏡を見てみると舌掃除をはじめる前と後ではさほど違いがない。ということをあまり確認しない方も少なくないのが現実。

このページで舌苔除去の正しい方法を確認してみてください。

舌苔を取る「タブレット」

舌苔を取るタブレット商品

ドラッグストアなどで複数の種類が販売されているタブレット状の商品。

プロテアーゼというたんぱく質を分解する酵素が配合されているので、舌苔自体を溶かすイメージで除去していくことが可能とされているアイテム。

ただ筆者も常用していることがありましたが、口内のコンディションによっては特に変化がない場合がほとんど。
また、舌苔の量自体が多いと効果を感じられない場合が多かったです。

タブレットの場合、いつでもどこでも使用できるので便利なんですが、口の中の乾燥自体を改善したり、物理的に除去する方法ではないので、過度の期待はしない方が良いのかな、という印象。

舌苔ケアになる?「マウスウォッシュ」

マウスウォッシュは舌苔の効果があるか

市販品のマウスウォッシュの多くはピリピリと刺激性の強いものがほとんど。
最近になってマイルドタイプも発売されていますが、人気なのは「超刺激性」ともいえるタイプのものです。

イメージ的に口の中がスースーするとかピリピリする方が「効いてる!」という実感につながりやすいもの。

除菌殺菌をしてくれるので、舌苔除去に一役買いそうなんですが、「掃除、除去」という面で見ると疑問が残ります。

歯周病予防などで使用する点においては全く問題ありませんが、舌苔を取る「ケア」という点では「マウスウォッシュ自体で行うことは難しい」という見方です。

改善治療になる?「漢方薬」

漢方薬の中医学は舌で診断

「舌苔 漢方薬」で検索される方の求めているものとして、

漢方薬で舌苔をつきにくくしたい。
舌苔改善するための薬はあるのかどうか。
漢方の世界で舌に塗る薬はあるのか。

などがあると思います。

口内をスッキリさせる、歯の痛みに効果があるなどの漢方薬はりますが、直接「舌苔に効果が認められる」という漢方薬というのは筆者が調べた限りでは見当たりませんでした。

漢方薬の「中医学」では「舌診」という診断方法があり、舌の状態、それこそ舌苔や形状、色などの異常を診て体の各部分の疾患を予測するというものです。

舌苔を落とすという目的ではなく「舌苔がつきやすいから体の内部に何か疾患があるのか診てほしい」というものであれば、試してみて良いかと思います。


〇:まだましな対策?「ガーゼ」

ガーゼやコットンパフで舌苔除去

NHKでも特集を組まれる程、人々の関心度が高い「舌苔」。
番組中では専門家の先生が「歯ブラシがNGな除去法」であることを説明したところ、スタジオがざわついているのが印象的でした。

そこで紹介された方法は、
「濡らしたガーゼで舌苔をふき取る」
というもの。

必要以上に力をかけず、ガーゼで舌をなぞって
「取れる分だけを取る」
という方法です。

筆者も実際に試してみましたが、これは
「問題はない方法」
ではあるんですが、言わせてもらうと、
「あまり舌苔が取れないのでストレスがたまる方法」
という印象が強いです。

舌の表面はぬるつきがある場合があるので、
濡らしたガーゼでふき取ろうとしても、すべってしまい、ガーゼにちょっと色が移る程度。

口臭の大きな原因の一つである「舌苔」。
安全な方法であるんですが、これが口臭対策にもつながるかというと疑問が残る方法でした。


舌苔の原因がわかると「対策」が見えてくる!

舌苔(ぜったい)は舌に付着する苔(コケ)状のもの。

色は人によって白いもの、黄色いもの、黒っぽいものがあります。

舌の表面に細菌や食べかすなどが付着。通常唾液などで洗い流れるはずのものが様々な原因で口の中が乾燥、唾液が分泌されなくなることで「舌苔が付着したままの状態」になります。

原因の大きな割合を占めるのが「口の中の乾燥」。

ここでは舌苔の原因になる「口の中の乾燥」という状態がおこる原因と、その他の舌苔の原因について説明していきます。

体の運動不足と「舌」の運動不足

舌苔ができる間接的な原因としてスポーツなど、日々体を動かしていない場合の「運動不足」があります。

運動することで「新陳代謝」が活発な状態であれば、食欲にもつながり咀嚼(そしゃく:食べ物などを噛み砕くこと)により、唾液が分泌され、舌苔が洗い流されていきます。

また、「舌」の運動不足というのは、口の乾燥の大きな原因となっているのが口呼吸などによる「ドライマウス」です。

ドライマウスの問題は深刻で、現代の日本では小学生の子供から口の半開きによる「口呼吸」でドライマウスになりやすくなっています。

NHKのニュースでも「健康のカギは“舌”から」ということで特集が組まれています。

舌の運動「あいうべ体操」

NHKの特集の際に登場したのは内科医の今井一彰(いまい かずあき)さん。

今井さん考案の「あいうべ体操」は口呼吸により「正常な位置に舌が置かれていない状態」を防いでくれる舌の運動になります。

「正常な舌の位置」は通常、人間が口を閉じていると「上あご」の部分に舌の先端が支えるようについている状態。

口呼吸の場合は口が半開きのため、舌の先端が下の歯の裏側に位置し、その上を呼吸による外気が通るので、口の中が乾燥。雑菌などにより「舌苔」の大きな原因になる他、免疫力が下がって風邪などの感染症にかかりやすくなります。

あいうべ体操の方法は簡単。

「あ」大きく口を開けて「あ」の形。

「い」口の端が外側いっぱいに伸びるように「い」の形。

「う」口をできるだけとがらせて「う」の形。

「べ」ここ重要。あっかんべーの「べー」の時と同じように舌をあごを目標に出していきます。
(声は出しても出さなくてもどちらでも大丈夫です。)

あいうべ体操を実践している様子。

これを朝昼晩10回ずつ。
今井さんに教えられて行う女子アナも「ベーって出した時に唾液がでそう」と感じていました。

舌苔の原因である「口の中の乾燥」を防ぐためには唾液の分泌が必要不可欠。

あいうべ体操なら誰にでも簡単にできるので、おすすめの対策です。

栄養不足による不潔な口内

栄養不足は「舌苔」の原因だけではなく、「舌痛症」という舌がピリピリと痛む原因にもつながります。

舌痛症の場合には「亜鉛(レバーなど)」「ビタミンB2(卵、牛乳など)」「ビタミンB6(マグロなど)」から不足している栄養分を摂取すると効果的。

口の中が不衛生な状態と栄養不足などが重なることで「舌苔」⇒「舌痛症、口内炎、歯周病」につながる恐れがあるので、毎日の食事にも意識を向けることが重要です。

睡眠不足とドライマウスで舌苔に

ドライマウスになる大きな原因の一つが「口呼吸」。
それ以外には固い食べ物を食べない人、小食の人、食事の時に噛む回数が少なく、短時間で食べきってしまう人などがあげられます。

これは「噛む回数」と「噛む強さ」が唾液の分泌量に影響するため、結果的にドライマウスに近づいていく傾向にあるということです。

また心身ともに緊張状態にあり「ストレス」を感じていると唾液の分泌量が減少し、ドライマウスになりやすくなります。

口の中の乾燥は「睡眠不足」にもつながります。

例えば「喉が渇いた」と感じて夜中に目が覚めたり、口呼吸により息苦しくなり寝つきが良くない状態。また口呼吸の場合にはそのまま「いびき」などにもつながりやすいため、睡眠が浅い状態。もしくは「睡眠不足」になりやすくなります。

睡眠中の口の中は「口呼吸」していなくても雑菌が繁殖している状態。
これが唾液の分泌が減少しているドライマウスの状態だと口を閉じている状態よりはるかに多くの雑菌が繁殖してしまいます。

これにより「舌苔」が発生し、朝の口の中の気持ち悪さ、口臭へとつながっていきます。

参考サイト:「ドライマウス(口腔乾燥症」厚生労働省
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/teeth/yh-038.html

ストレスが舌苔の原因になる?!

ある程度のストレスは生きていくためには必要なことですが、「過度のストレス」となると話は別。

心身ともにストレスのある「緊張状態」になると唾液の分泌量が減少するだけではなく、免疫力の低下にもつながります。

唾液の分泌量が少なくなることで口の中が乾燥しやすくなり、普段唾液で洗い流されていた食べかすや雑菌が舌の表面にとどまり、「舌苔」となります。

体調の変化が舌苔に影響する。

漢方薬などの「中医学」の考え方では「舌診(ぜっしん)」と呼ばれる舌の状態をみて体調変化を診断するという方法があります。

舌が健康な状態の場合、舌の色は薄いピンク色で適度な湿気があり、舌ブラシなどで「取れる」舌苔がほとんどない状態になっています。

これが、舌に歯型がついていたり、溝や亀裂が入っている。赤っぽく薄く白い舌苔がない状態などはなんらかの体調不良が原因になっています。

また舌苔が多く付着している状態は直接的な「病気」ではありませんが、口呼吸による風邪などの感染、ドライマウスによるいびき、いびきからの無呼吸症候群など連鎖した病気につながる可能性があります。

さらに風邪をひいたとき、インフルエンザにかかった時など、症状を和らげるために処方される薬でも「粘膜系(鼻水など)」をおさえる作用があるため、唾液の分泌も少なくなってしまい、結果、舌苔が付着しやすくなるというパターンもあります。

男女のホルモンの違い。舌苔の関係。

男性らしい体を作る「テストステロン」というホルモン
女性らしい体を作る「エストロゲン」というホルモン。

この体の調整をしているホルモンと関係しているのが「自律神経」。

加齢や体調不良により、このホルモンと自律神経のバランスが崩れると「唾液の分泌量が減少する」という状態になります。

唾液の分泌量の低下により口の中の乾燥につながり、結果食べ物のカスや雑菌など「舌苔の原因」になるものを唾液で洗い流せない状態になります。

唾液には殺菌、除菌作用の余暇に「抗菌成分」もあるため、分泌が減少してしまうと「舌苔の予防」もできない状態になってしまいます。

虫歯が原因でなく、乾燥が原因。

「舌苔」の大きな原因が「口の中の乾燥」。

「口の中が乾燥する原因」が「唾液の分泌量の低下」です。

元凶となるのが「唾液の分泌量の低下」。
これが招くのが舌苔、虫歯、歯周病などの症状です。

とにかく現在まで様々な舌苔の原因の説明をしてきましたが、舌苔の原因=口の中の乾燥 と言っても過言ではありません。

順番をわかりやすくすると…

1. 唾液の分泌が少なくなる。

↓↓  ↓↓  ↓↓

2. 口の中が乾燥する。

↓↓  ↓↓  ↓↓

3. 口の中の食べかすや雑菌が舌の表面に付着する。

↓↓  ↓↓  ↓↓

4. 唾液で洗い流せないので舌苔が「定着」してしまう。

こういう流れになります。

舌苔を改善するためには、「唾液の分泌量を増やす」というのが急務になります。

また「今ついている舌苔の除去」と「今後舌苔がつきにくくする」ための「舌磨きジェル」が対策として一番行いやすく、舌を保護しながら舌苔除去しているので安心な方法です。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

◎!「舌磨きジェル」BITAN(ビタン)

BITAN

現在日本では「舌磨きジェル」と「舌専用ブラシ」の組み合わせが「ちゃんと舌苔除去のケア」をしている人達の中では主流。

中でも選ばれているのがBITANビタン)という舌磨きジェル。
アメリカなどの海外製の舌磨きジェルだと石油由来のケミカルな成分だったりするので、副作用や添加物が心配という声もあります。

BITAN(ビタン)の場合は「天然由来」の成分なので、どなたでも安心安全に利用可能です。

次からBITAN(ビタン)が選ばれる理由がわかる成分の説明に入っていきます。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

「マスティック」舌苔の除去と防止

マスティック

ギリシャのヒオス島にしかない樹木「マスティック」。
その樹液は「天然のガム」として珍重され、口の中の汚れを落とす目的で古来から島の人に利用されてきました。

そのマスティックが舌苔を除去し、舌をやさしく保護してくれるので細菌や汚れ、バクテリアから守ってくれます。

BITAN(ビタン)では「天然のバリア」と呼んでいるのもうなづけますね。

「乳酸菌」口内環境正常化

乳酸菌

「舌苔」の主な原因の一つが口の中の乾燥。
唾液が正常に分泌されないと口の中の善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れ「悪玉菌」が繁殖しやすい状態になります。

唾液が通常通り分泌されていれば食べかすや雑菌を洗い流してくれるので問題ないのですが、乾燥してしまうと雑菌が繁殖、食べかすなどが舌の表面に残り、「舌苔化」してしまいます。

乳酸菌がこの最近のバランスを整えることにより必要な菌「善玉菌」「日和見菌」優勢の状態に好転。

舌苔が発生しにくくなる口内環境が期待できます。

16種類の潤い成分

16種類の乾燥を防ぐ成分

ストレスや口呼吸などが原因でおこる「ドライマウス」。
舌苔の大きな原因の一つがこの「口内の乾燥」です。

これを防ぐためにBITAN(ビタン)は16種類の「潤い成分」を配合。

プロポリス
カミツレ花
アロエベラ葉
カムカム
ローヤルゼリー
ハチミツ
ウーロン茶葉
温州みかん
オウレン
カンゾウ
オタネニンジン
茶葉
ビワ葉
柿タンニン
ウメ果実
レスペラトロール

いずれも「口臭サプリ」や「口臭予防用の歯磨き粉」などや健康サプリなどで見かける成分。

総合的に「口の中に潤いを与える」役割があるので、乾燥を防ぎ、舌苔の発生をおさえる効果が期待できます。

BITAN(ビタン)でできる舌苔ケア

↓↓  ↓↓  ↓↓

マスティック + 乳酸菌 + 16種類の天然成分
「除去、防止」 + 「環境改善」 + 「乾燥防止」

BITAN(ビタン)は舌苔掃除のためだけではなく、舌苔の防止や舌苔が発生しにくい環境、大きな原因の一つであった乾燥を防ぐための「舌磨きジェル」です。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

まとめ:BITAN(ビタン)が唯一お得に買える販売店

ビタンの公式サイトが一番お得

ここまで「舌苔のNGな取り方」と「正しい取り方」などを紹介してきました。

「今までの方法が間違ってたなんて…」
という方も少なくないと思いますが、大丈夫です。
BITAN(ビタン)ならやさしく本格的な対策が可能です。
(あ、筆者も使ってます!)

取り扱いのある店舗に関してですがBITAN(ビタン)は「ネット通販限定販売」のアイテム。

そのためマツモトキヨシなどのドラッグストア、薬局、各量販店での取り扱いがありません。

また楽天やAmazonなどのネットショップでも取り扱いがある場合がありますが、いずれも「通常価格」であることがほとんど。

通常価格3,980円が初回限定980円で提供されているのは「BITAN(ビタン)メーカー公式サイト」のみです。

現在もお得なキャンペーンが開催されているかどうか、まずは公式の方をチェックしてみてください。

⇒「BITAN(ビタン)」公式サイトはこちら

商品データ : 商品名 / BITAN(ビタン) : 通常価格 / 3980 : 定期初回 / 980 : : 評価 / 4.8 : 評価数 / 98